Switch:SW-6614-4428-1020 / 3DS:0817-4633-8182

Nintendo Switch専用ソフト『マリオカート8 デラックス』 (2017年4月28日(金)発売)


マリオカート8 デラックス」 6,458円(税込)  パッケージ版
任天堂


2017年1月13日(金)の初報時点では購入未確定でしたが、2月28日(火)Switch周辺機器の下見のため来店したヨドバシカメラマルチメディアAkibaにて流れていたトレーラーを初めてまともに観てみたら、想像以上にスプラトゥーン要素が強く購入決定。


ビックカメラ.comにて2017年3月24日(金)パッケージ版予約、4月28日(金)21:00頃商品到着。
ビック価格6,123円(税込)。735ポイント(10%+特別優待2%)。


自身のマリカー歴は一応初代SFC版からで、SFC版とN64版を同級生の家でそこそこやり込んでいた頃が一番楽しめていました。
SFC版では軽量級が良いと言われるがままにノコノコ、N64版以降はヨッシーを主に使用していて、ノコノコビーチとふうせんバトルが特に好きでした。


初購入のGBA版は一人でプレイしても楽しめずすぐに辞めてしまいました。
次に購入した3DS版はほぼオンラインのレースばかりプレイし、個人的に対人戦している感が薄いのが気になったものの風景と爽快感は良かったです。ふうせんバトルは想像以上に楽しめずすぐに辞めてしまいました。総プレイ時間29:37。
Wii U版は本体同梱版としてたまたま購入したに過ぎず、オンラインのレースを少しプレイした程度でDLC未購入。総プレイ時間1:54。


そして今回のSwitch版。
ここ1〜2年程で興味を持った作品『スプラトゥーン』『どうぶつの森』『ゼルダの伝説』からもれなく参戦という的確過ぎるキャラクターチョイス。
ブレワイ熱が冷めやらない今は、リンクでハイラルサーキットを散策するだけでも楽しめます。
現在はガール(ライムグリーン)とリンクを主に使用しています。
アシストOFF、ジャイロOFF、オートアクセルOFF。


マリカーはオンラインありきと思っていましたが、ハイラルサーキット散策のために遊んだ一人用モードのタイムアタックが想像以上に楽しめました。
全てのコースに任天堂スタッフやランキング上位10人などのゴーストが用意されているので一人で遊んでいる感が多少薄れるのと、豊富なキャラクターとコース、そして綺麗なグラフィックと爽快感のお陰で所謂“動かしているだけで楽しい”と感じられるからだと思います。


TVモード(Proコン)は勿論のこと、流石は携帯機でも展開されてきたシリーズなだけあり携帯モードの操作性も非常に良いです。
ブレワイとはまた違ったグラフィックの綺麗さがあり携帯モード映えします。
綺麗なグラフィックのゲームを携帯機としても遊べるのがSwitchの大きな魅力なので、ここ最近は家でも携帯モードで遊ぶことが多くなりました。


今になって思えば発売日にSwitch本体とブレワイを購入しておいて本作を購入しないなどという選択肢はありませんでした。
じっくり遊べるオフラインゲームのブレワイに対し、気軽に遊べるオンラインゲームのマリカーは交互に遊ぶには相性が良過ぎます。





マリオカート8 デラックス」 6,458円(税込)  ダウンロード版
任天堂


ビックカメラ有楽町店にて2017年5月2日(火)購入。
ビック価格6,134円(税込)。185ポイント(1%+特別優待2%)。


分かってはいましたがSwitchのパケ版ソフトが2本になったことでやはりゲームカードの入れ替えが手間に感じ、悩んだ末にDLカードを買い直しました。
いっその事DL版派へ変更しようとブレワイのDLカードも併せて手に取ったものの、このペースでDL版を購入し続けると256GBのmicroSDにすら収まり切らなくなる可能性があるので思い留まりました。
今後じっくり遊ぶ系(『ブレワイ』『ゼノブレ2』など)はパケ版、気軽に遊ぶ系(『マリカー8DX』『スプラ2』など)はDL版といった感じで買い分けざるを得なさそううで、ソフト購入の度にパケ版かDL版かで頭を悩ませることになりそうです。
物を売る習慣が無いのでパケ版を売る予定は今のところありません。










関連情報:マリオカート8 デラックス | Nintendo Switch | 任天堂
登場キャラクター:マリオetc.
タグ:ニンテンドースイッチ任天堂、ゲームソフト、ダウンロードカード